放射線治療直後の完全KO!!

2018年11月1日(木)~同年11月4日(日)までのこと。
昨日の急な体調不良から一夜明けても、全身の虚脱感はまったく晴れず。
翌日(11月1日)は仕事を休ませてもらった。
この日も、ほぼほぼ寝たきり状態。
なんとか細くなった食事をかろうじて摂ることと、トイレ、お風呂意外に動けることはほとんどなし。
ず~っと、ベッドに横たわったまま、テレビを眺めていたり、スマホをいじったり、疲れてくるとテレビの音声をBGMにとにかく寝ていた。
これはやっぱり、放射線の治療が終了し、その治療と仕事の両立への緊張の糸がプツリと切れてしまったせいなのだろうか。

その翌日の11月2日(金)も状況は変わらず。
気持ちとしては仕事に出るつもりで昨日は過ごしていたけれども、やはり、体がいうことをきかない。
さすがに職場へ連絡した時には、ちょっと心配のされ方の度合いが変わっていたのが伝わってきた。
もう、このまま人生の終焉に向かうのではと思われているのかもしれない。
それは、私自身でさえ、そう思ったほど。
昨日までは、前述したように治療がひと段落したことへの安堵感からの影響かとも思っていたが、この日になってくると、いやいやこれは、TG医師も懸念していた放射線治療による正常臓器への損傷があったのでは・・・・とも思えて来る。
それほど厳しく、おそらく今までの治療の影響によるシンドサでは最高クラスのダメージではないかと思われた。
この私が二日も職場を休まざるを得なかったのは、今まで、入院以外ではなかったことでもある。

そして、その翌日の11月3日(土)になると、幾分、動こうという意欲も出てきて、近所への外出くらいはなんとかなってきた。
ただし、活動できたのは午前中のみで、午後になるとまたベッドに臥せってしまう。
さらに次の日の11月4日(日)になって、やっと、体力の消耗は感じるものの、なんとか日常の休日の過ごし方が可能になった。
とりあえずは、ややおぼつかないが日常生活ができるほどの気力・体力は取り戻せたようだ。

しかし、この期間の寝込んでいるあいだ、本当に色々なことを考えてしまった。
よっぽどTS病院へ駈け込もうかとも思ったが、我が家からの病院までの距離を考えると、この体調では結構つらい。
本来のメインであるKY病院なら近いし、ここへは?とも考えたが、今までの経緯上、この病院ではこの治療には関心がなさそうだし、この症状の要因を考えるとなんとも足も向けにくい。
セカンドオピニオンの有効性は実感はするものの、やはり、日本人的と言えばそうかもしれないが、なんとも難しい一線もないわけでもない

とにもかくにも、臥せっているしか手がないと判断。
そして、横になりながらも、このまま回復しなかったらどうしよう・・・・・とか、最悪の病状悪化への入り口とは、こんなものなんだろうか・・・・という、臨場感にヒシヒシと直面していた。

でも、とりあえず・・・・。
なんとか立ち上がることができた。
我ながら、私は結構しぶといのかもしれない。
不思議と、そうも思えてきた。

とにかく明日は、正常に出勤しよう。
業務的にはこの期間、たまたま運よく2日くらいの休みで、大きな影響が出る状態ではなかった。
これには、大変、精神面でも救われた。
けれど、私の事情を知っている一部の人たちには、大半なご心配をかけてしまったことへのお詫びが必要だ。
そして、次の11月15日(木)のTG医師との診察日には、この症状を詳細に説明する必要もある。
にほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ
にほんブログ村

テーマ : 末期がんの闘病記
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

North Wind

Author:North Wind
生年月日:1962年2月21日
性別:男
家族:妻、息子(独立済み)、わんこ(パピヨン2頭)
北海道札幌市在住

2015年12月21日。
年末の慌ただしい中、肝内胆管細胞がん(胆のうがん)、肝臓に10cm大の腫瘍、リンパ節転移、肺転移によりステージⅣと診断されました。
手術、放射線治療は不可とのことで、余命3ヶ月~半年との宣告を受ける。

しかし、2018年現在・・・・・。
抗癌剤治療にて仕事も、なんとか正常に継続し、今のところ生存しています。

追記1:2018.6.29
ここまで順調に癌の進行を抑えていましたが、とうとう腫瘍マーカーの急上昇、肺転移、肝臓中心部にも新たな腫瘍が発見されました。
最後の手段だった内服の抗癌剤の効果なしと判断され、もはや打つ手はなしと宣告されました。


追記2:2019.2.18
色々と手を尽くしてきましたが、いよいよもって『終わりの始まり編』に入ってきたようです。
大変、悔しく、断腸の想いでもありましたが仕事も退職しました。
これから、どんどん衰弱は進むでしょうが、最後の最後までこのブログは続けていこうと思っています。


どこまでできるかわかりませんが、癌と共に生きる、そして働くということ、癌になってわかったこと、学んだこと、そして私の生き様を記録に残していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR