東京行き直前のKY病院の診察・・・・・、なんとコードブルーと初遭遇!!

2018年11月16日(金)のこと。
昨日のTS病院の定期診察に引き続き、本日はKY病院の定期診察日。
2日連続の診察。
正直、ちょっと、めんどうくさい。

いつも通り採血から。
昨日のTS病院のTG医師とは違って、肝臓の数値があまりよくはないとのこと。
ん・・・・・・。
たった2日間の間で、数値がそんなに変わるのか?
それとも見る医師による違いなのか?
それぞれの表現の仕方なのか?
やや戸惑ってしまう。

でも、今日は心なしかM医師も他のスタッフも、今日は非常に優しく接してくれている気がする。
こちらからは、TS病院での放射線治療が終了したこと、そのことによってやや体のだるさも軽減されてきたことなどを報告。
食欲も少しばかり出てきたことを報告するが、全体的にはやはり減少していることには変わりがない。
こちらの記録でも前回(一か月前)より3Kg落ちてきているということを告げられる。
今後のTS病院の方針は昨日の診察結果を要約し、かなり肝臓には気を使っていると告げる。
この後も、月一回ほど定期健診があることを伝えすると、やや驚かれたが潜在的な副作用を心配していることもあるからと伝えておいた。

すると、「咳や痰がひどくなったり、食欲がなくなってしまった時はこちらでも対処ができるので、すぐに言ってきてください」とのことで終了。
TS病院への対抗心もあるのか、はたまた、いくら何をしても本当の末期が近いと思っているのか、その真意わからない。
とりあえず、ここのM医師については丸山ワクチンのことや、明後日、上京することは言わず、事後報告にしようと考えた。

そして、この日・・・・・・・・。
会計待ちでソファにかけて待っていると、院内にコードブルー発令のアナウンスが鳴り出した。
すぐに正面入り口から、ストレッチャーに乗ったご高齢の顔色が真っ白の方が、ご家族と共に運ばれて来た。
そして、院内の各室から次々と医療関係者が必死の形相でバタバタと飛び出てくる。
本当に、映画やドラマと同じなのだ。
物凄い緊迫感に、病院中が瞬時に全て包み込まれる。
私も昔からあちこちの病院通いはかなりしていたほうだが、コ-ドブルーをリアルに目撃体験したのは初めて。
後で、仕事上の医療事務の御客さんにそのことをの話し、「あれって、医療事務の人も飛び出していくんですね?」と聞いてみると、その人もコードブルーの経験はないものの、一応、教育は受ける。
「おそらく、ご家族の方に健康保険の確認に行ったのだと思います、それがわからないとカルテも作れず、次の処置に進めないからだと思います・・・・・・・」とのこと。

日頃、医師との相性とか、情報システムが悪いとか、ブチブチ文句も言う私だが、病院とはすごいところだと改めて思い知った次第である。
あのご高齢の方の快方を祈るばかりである。
にほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ
にほんブログ村

テーマ : 末期がんの闘病記
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

North Windさーーーーん!!!しばらく更新されてなかったので心配してましたよ~~~。更新してくださってありがとうございます。あ~~~、ホッとした~~~~~!!!

No title

はじめまして。

毎日通ってました。
またお会いできて嬉しいです!

No title

まりん様、いつもありがつございます。
更新が遅れまして大変申しわけありませでした。
実は私、インフルエンザは無事クリアしたのですが、その後、肝機能の不調を感じ、何気に病院へ行ったのですが、実は結構な状態になっていて即日入院。しかも二度の手術。三度目も必要だったのですが、もはや手が付けられないということで、医師に頭を下げられました。
そこは、私はもともと覚悟も出来ていたため、今までのことへのお礼を伝え、医師も涙ぐむ場面となりました。
すぐに介護認定を受け、自宅療養に入り訪問看護を受けることになりました。
しかし、この自宅療養もいつまで続けられるかわかりません。
すぐに病院に戻ることになるかもしれませんし、その時は緩和病棟で最後を迎えるということになると思います。
当然、仕事は断腸の思いでしたが退職しました。
医師からは、週単位に衰弱していくでしょうと言われましたが、その宣告から一週間経過していますが、多少の衰えは感じるものの、とりあえず、今の感触ではまだまだ頑張れそうです。
ただ歩行時には杖を使うようになりました。
ぎりぎりまでこの闘病記でその経緯を綴っていきたいと思います。

No title

uri様はじめまして。

更新が遅れまして大変申しわけありませでした。
実は私、インフルエンザは無事クリアしたのですが、その後、肝機能の不調を感じ、何気に病院へ行ったのですが、実は結構な状態になっていて即日入院。しかも二度の手術。三度目も必要だったのですが、もはや手が付けられないということで、医師に頭を下げられました。
そこは、私はもともと覚悟も出来ていたため、今までのことへのお礼を伝え、医師も涙ぐむ場面となりました。
すぐに介護認定を受け、自宅療養に入り訪問看護を受けることになりました。
しかし、この自宅療養もいつまで続けられるかわかりません。
すぐに病院に戻ることになるかもしれませんし、その時は緩和病棟で最後を迎えるということになると思います。
当然、仕事は断腸の思いでしたが退職しました。
医師からは、週単位に衰弱していくでしょうと言われましたが、その宣告から一週間経過していますが、多少の衰えは感じるものの、とりあえず、今の感触ではまだまだ頑張れそうです。
ただ歩行時には杖を使うようになりました。
ぎりぎりまでこの闘病記でその経緯を綴っていきたいと思います。
プロフィール

North Wind

Author:North Wind
生年月日:1962年2月21日
性別:男
家族:妻、息子(独立済み)、わんこ(パピヨン2頭)
北海道札幌市在住

2015年12月21日。
年末の慌ただしい中、肝内胆管細胞がん(胆のうがん)、肝臓に10cm大の腫瘍、リンパ節転移、肺転移によりステージⅣと診断されました。
手術、放射線治療は不可とのことで、余命3ヶ月~半年との宣告を受ける。

しかし、2018年現在・・・・・。
抗癌剤治療にて仕事も、なんとか正常に継続し、今のところ生存しています。

追記1:2018.6.29
ここまで順調に癌の進行を抑えていましたが、とうとう腫瘍マーカーの急上昇、肺転移、肝臓中心部にも新たな腫瘍が発見されました。
最後の手段だった内服の抗癌剤の効果なしと判断され、もはや打つ手はなしと宣告されました。


追記2:2019.2.18
色々と手を尽くしてきましたが、いよいよもって『終わりの始まり編』に入ってきたようです。
大変、悔しく、断腸の想いでもありましたが仕事も退職しました。
これから、どんどん衰弱は進むでしょうが、最後の最後までこのブログは続けていこうと思っています。


どこまでできるかわかりませんが、癌と共に生きる、そして働くということ、癌になってわかったこと、学んだこと、そして私の生き様を記録に残していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR