抗がん剤の翌日・・・・・・・

2016.1.23(土)のこと。
初の抗がん剤治療の翌日。
私の体調に、特段、変わりはない。
昨日の倦怠感(だるさ)は、きれいさっぱりと解消されている。
あえていうなら、便が少し固かったということくらい。
このことは、治療計画の副作用欄に特に記載もなかった。
ただ、看護師さんからの口頭で、下痢か便秘の症状もあるかもしれないとは聞いていた。
でも、便意は普通にあってお通じは正常。
しかし、便が固いということ。
これについては、後にマグミットという薬を処方してもらうことになる。

さて、実は・・・・・。
抗がん剤実施が決定したと同時に私の退院日も告げられていた
正直なところ、抗がん剤投与の状況を見なくて決められるのかな?とは思ったものの、調子が悪ければ、退院日も延期するということで、この週明けの1月25日(月)に、ひとまず退院することに決定した
まぁ、どうなるかすべてが未知のことであるが、「この週末をなんとか無事に乗り切ろう!!」という気持ちでいっぱいである。
そうすれば、2週間ぶりの我が家だ。
わんこ達とも久しぶりに対面できる。
家内も状況はどうあれ、私が家に帰れると聞いて、かなり安心した様子。
おそらく、生きて帰れないとまで思っていたのかもしれない。

そして、私の今の時点での体の調子だが、冒頭で述べたようにまったく快調である。
看護師さん達も副作用の状況を気にしてくれているが、私はまったくいつもと変わらず。
吐き気もなければ、食欲も特別に落ちているわけでもない。
朝も昼も、抗がん剤治療前とまったく変わらずに完食できている。
副作用、恐れるに足らず!!ということであろうか。
家内もやって来て、私の様子をみて一安心したようである。
ただ、癌細胞にどこまでのダメージを与えられたか?
これはこれからである。

一応、この抗がん剤は、今度は来週の金曜日に実施する予定。
そして2週間休んで、また2週続けて実施という間隔で行っていくようである。
他の人の闘病ブログなどを見ると、1回、抗がん剤を実施したら次は何か月後という人もいるようだ。
おそらく、患部の違いによるのかもしれないし、癌の進行状況にもよるのかもしれない。
私場合は連続的に実施し、休薬期間を置いてまたすぐに実施という、比較的連続して行うようである。

※これは後にわかったことであるが、抗がん剤にも色々と種類があるみたい。
それは、濃度依存性というタイプと時間依存性というタイプ。
濃度依存性は薬剤が濃ければ濃いほど効き、一度にドカンと投与する。
時間依存性というのは、長い時間、その薬剤が病巣に接触していればいるほど効き、少量ずつ分割して投与するというものらしい。
ちなみに私に使用したシスプラチンという薬は、濃度依存でも時間依存、どちらにも有効であるが、分割して使用した方が効果が高いという論文もあるそう。
私の治療法は間違いなく、この時間依存の考え方によるもののようである。
そのため、他の人に比べて、私の抗がん剤投与のスパンは短い。

ということで、この日はなにごともなく無事一日が終了。
癌に効果があることを祈りつつ、退院を楽しみにこの日を終える。
にほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ
にほんブログ村

テーマ : 末期がんの闘病記
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

North Wind

Author:North Wind
生年月日:1962年2月21日
性別:男
家族:妻、息子(独立済み)、わんこ(パピヨン2頭)
北海道札幌市在住

2015年12月21日。
年末の慌ただしい中、肝内胆管細胞がん(胆のうがん)、肝臓に10cm大の腫瘍、リンパ節転移、肺転移によりステージⅣと診断されました。
手術、放射線治療は不可とのことで、余命3ヶ月~半年との宣告を受ける。

しかし、2018年現在・・・・・。
抗癌剤治療にて仕事も、なんとか正常に継続し、今のところ生存しています。

追記1:2018.6.29
ここまで順調に癌の進行を抑えていましたが、とうとう腫瘍マーカーの急上昇、肺転移、肝臓中心部にも新たな腫瘍が発見されました。
最後の手段だった内服の抗癌剤の効果なしと判断され、もはや打つ手はなしと宣告されました。


追記2:2019.2.18
色々と手を尽くしてきましたが、いよいよもって『終わりの始まり編』に入ってきたようです。
大変、悔しく、断腸の想いでもありましたが仕事も退職しました。
これから、どんどん衰弱は進むでしょうが、最後の最後までこのブログは続けていこうと思っています。


どこまでできるかわかりませんが、癌と共に生きる、そして働くということ、癌になってわかったこと、学んだこと、そして私の生き様を記録に残していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR