間質性肺炎、その後の経過・・・・・・・

2017年8月25日(金)から同年9月26日(火)までのこと。
さてさて、間質性肺炎のあの入院から無事退院を迎え、仕事にも復帰しなんとか日常を取り戻した。
その後は、今まで通り外来での経過観察となる。

まず、入院時から予定していた8月25日(金)がやってきた。
肺炎の経過は良好のようで、ステロイドの薬、プレドニンを朝2錠、昼1錠と、1錠分の減薬。
少しづつ減らして、最後は止める方向に持って行くとのこと。
ステロイドもあまり長く摂取し続けるのもあまり良くないということらしい。
ただ、肺のCT写真を見せてもらうと、まだまだ肺に白い細かい影が見たくさん見てとれる。
少しづつ良くなっているとはいえ、まだまだ油断がならないようで、手洗いとうがいの励行を勧められる。

その次の診察は2週間後の9月8日(金)のこと。
またまた経過もよく、例のプレドニンはさらに1錠の減薬。
朝1錠、昼1錠ということに。
その他の状態は横ばいで特に異常はないとのこと。
ただ、インシュリンの自己注射はまだまだ継続。

さらに2週間後の9月22日(金)の定期健診。
この日も、特に問題もなく、プレドニンがまたまた減薬され、1日1回、朝の1.5錠だけになった。
間質性肺炎の事後経過は順調のようである。
他のことについては、何も言われず、いつもの処方されて終わり。

でも、ちょっと・・・・・・・。
癌の方も心配なんだけれども・・・・・・・・。
このM医師、相変わらずこちらが何も言わないと、実に淡々と仕事をする。
まぁ、いいけど・・・・・・・。

しかし、週明けの9月25日(月)に、突如として腹痛発生。
場所的には十二指腸辺りで、胆嚢や肝臓のあたりとはどうも違うみたい。
耐えられぬ痛みではないが、気になるといえば気になる。
食欲は普通にあって、食べられないことはない。

でもあまりに気になるため、翌日、いつもと違って飛び込みでK病院へ行ってみることにした。
いつもの曜日ではないため、医師はあのM医師ではなく初老のKという医師。
この先生の見立てでは癌とは関係がなく、急に腸が収縮したのではないか?ということで専用の痛み止めチアトン10mgを処方された。
昨日痛みが発生した時は、自己判断で今までに貰っていた例のカロナールを使用していたが、この薬はこの症状にはもっといいのだそう。
思えば、癌と診断される数か月前に夜中に腹痛でこの病院に来たことがあった。
その時は急性腸炎ということで、一過性のものであったが、今回の痛みはその時とちょっと似ているといえば似ている。
この薬が効いたのか、少し経つとこの腹痛は収まり、また平和な?普通の日常に戻る。
結果として、正味、1日だけの症状で、癌とも肺炎とも関係がなかったのだが、やはりちょっとの変化には敏感になってしまう。
にほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ
にほんブログ村

テーマ : 末期がんの闘病記
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

North Wind

Author:North Wind
生年月日:1962年2月21日
性別:男
家族:妻、息子(独立済み)、わんこ(パピヨン2頭)
北海道札幌市在住

2015年12月21日。
年末の慌ただしい中、肝内胆管細胞がん(胆のうがん)、肝臓に10cm大の腫瘍、リンパ節転移、肺転移によりステージⅣと診断されました。
手術、放射線治療は不可とのことで、余命3ヶ月~半年との宣告を受ける。

しかし、2018年現在・・・・・。
抗癌剤治療にて仕事も、なんとか正常に継続し、今のところ生存しています。

追記1:2018.6.29
ここまで順調に癌の進行を抑えていましたが、とうとう腫瘍マーカーの急上昇、肺転移、肝臓中心部にも新たな腫瘍が発見されました。
最後の手段だった内服の抗癌剤の効果なしと判断され、もはや打つ手はなしと宣告されました。


追記2:2019.2.18
色々と手を尽くしてきましたが、いよいよもって『終わりの始まり編』に入ってきたようです。
大変、悔しく、断腸の想いでもありましたが仕事も退職しました。
これから、どんどん衰弱は進むでしょうが、最後の最後までこのブログは続けていこうと思っています。


どこまでできるかわかりませんが、癌と共に生きる、そして働くということ、癌になってわかったこと、学んだこと、そして私の生き様を記録に残していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR