再び闘いの決意!!

 2017年10月20日(金)のこと。
さて、前回の衝撃のお告げから2週間後の定期健診。
この日は、いつものただの健診と違って、私から答えを出さねばならない。

まずは、いつもの健診結果から。
採血の結果、肺炎の事後経過も、肝臓も腎機能もすべて問題はない様子。
今回はプレドニンの量は変わらずに現状維持のままのよう。
相変わらず血糖値の自己注射も依然として継続ということで、定期健診としての内容はつとめて無難に終了。
腫瘍マーカー以外の検査結果はすこぶる順調のようである。
自覚症状もこれといって変化もなく、食欲も普通にあるし、体の倦怠感も、どこにも痛みなどのかけらもない。
しかし、ここ最近、時々ではあるが一時的に腹部のあたりに違和感を感じるようになってはいる。

そして・・・・・・。
いよいよ、前回、投げかけられた今後の抗がん剤治療についての私の返答。

簡単にここまでの経緯をまとめると、点滴の抗がん剤の副作用による間質性肺炎が発症。
当面は、この間質性肺炎の治療に全力集中し、その間の抗がん剤治療はストップ。
抗がん剤の治療を停めていた期間はおよそ3か月。
ある程度、間質性肺炎も収まってきた時に、腫瘍マ-カーの上昇が認められる。
私の主治医、M医師としては、これからどんどん悪くなっていくという見込み。
間質性肺炎を起こした要因となる、点滴の抗がん剤はもう使用できず。
残された治療の手段は内服薬による抗がん剤のみと告げられる。

しかし、これもやってみないと効果があるかどうかもわからない。
何もせずに経過を見ていくという選択肢もあるにはあるが、もし何もしなければ余命は3カ月から半年とのこと
つまり、病気が発症した初期の状態、振出しに戻ってしまったということらしい。
「さて、どうしますか?」というのが前回の診断時の流れ。

実際のところ、私の中では「どうしますか?」もこうもない。
やれる手段があるなら、例えどんな副作用が待っていようとも、やれることはやる!!というのが、もともとの私の癌に向き合う対決姿勢。
ただし、全てにおいて過度な期待はせず、自然の流れに身を任せ、どんな結果でも甘んじて受け入れるつもりでもある。
それが死という終着点であっても、私は今のところ全く動じてはいない。
だから、毎日よく眠れるし、この癌に対しての直接的なストレスは一切ないといってもいいだろう。
癌細胞からしてみれば、その母体である私の肉体が消滅すれば共倒れである。
私は火葬場で道連れにしてやるつもりでいる。


そして、私の残された時間に関しては、こんな私でも、この世に存在した証を人のお役に立てるという形で、この世での私の役割を成就させたいと思っている。
このことは私の気力が衰えることがなく、成果を出せる状態が続く限り、たとえ体がボロボロになろうと突き進もうと思っている。
これこそが、私の闘病への原動力でもあり、私の背負った運命に対する、ささやかな抵抗でもある。

ただ・・・・・・・。
気になるのは残される家内のことだけ。
家内には、あまり命に関して消極的なことは言えない。
そのため、できることは無理のない範囲で、徹底的にやっていこうという意欲も一方ではある。
そのため、今回の内服薬の抗がん剤。
このことは、一番、最初の入院の時にも話は聞いていて、色々な選択肢の中の一つに入っていたはず。
闘う武器が全てなくなったわけではなし、私は即、受け入れる決意はしていた。
しかし、一応は家内にも、この現状と私の決意を耳に入れておく必要がある。
いったん持ち帰って、家内とも相談し、正式に受け入れる決意を固めた。

効果のほどはわからない。
たとえ、効果があったとしても、点滴の抗がん剤ほど効き目がないのも現実であろう。
でも、何もしないで、指を咥えているのも、私の性分ではない。
そしてこの日、この決意をM医師に伝えた。

M医師としては、この返事を待っていたかのように、「では、今日から処方しましょう」ということで、エスワンタイホウ配合OD25gという薬が出されることになった。
後で、ネットで調べると、この薬、もともとはテイーエスワンという薬のジェネリック薬のよう。
この薬、結構な劇薬のようで、その取扱いは普通の薬とは全く違う。
看護師さんからも定量の服用であることの注意を厳重に受け、薬を受け取る薬剤師さんからも何やら難しい説明をされる。

そして以下のようなカードを手渡される。
《表面》《裏面》









よほどの取り扱いの注意が必要なのか、別紙で飲み方や副作用についての説明書まで手渡される。
特に、このフッ化ピリミジンとかいう舌を噛みそうな系統の薬との併用は厳禁のよう。
まぁ、劇薬と考えてもいいのであろうか。
我が家にはもう乳幼児もいないし、そういう来客者もおそらくいないだろう。
ただ気をつけるべきは、わんこ達であろうか。
彼女(2頭とも♀のため)らは、落ちているものは何でも口に入れる。
つい、うっかりと、薬をポロリと落として、それをわんこ達が口にでも入れようものなら・・・・・・。
結構、大変なことになりそう。
これはかなり気をつけなければならない。

取りあえずは癌と闘う、次なる武器の入手は完了。
どれほどの効果があるのか、どれほどの副作用があるのかはわからないが、さっそく今晩から服用開始。
飲み方は朝夕2錠、4週間続けて2週間休薬期間をあけて、また4週間飲み続けて・・・・・という繰り返しのサイクル。
まずは、やってみるということに。

そうそう、この日、もう一つ特筆すべきことが。
それは、前から少し気になっているM医師の対応姿勢。
言うことは、結構厳しい現実も淡々と言う。
それはいい。
むしろ私はそれを良しとする。
しかし、それにともなう細かいことが、こちらから聞かない限りは何も言ってくれない。
そして、このM医師の風貌や雰囲気が、気軽に質問できる雰囲気でもない。
これも、まぁ・・・・・・いい。
人格まではせめることもできない。
やることはやってくれているので、それなりの感謝はある。

でも、今回のことでも、ただ腫瘍マーカーが上がったということを口頭で伝えるのみで、具体的にどうなのかという資料の一つもない。
私も、大きく状況が変われば職場の人も含めて、色々な方々に報告の義務もあると思っている。
それが、ただの口頭のみの状況報告では、まったく説得力がない。
さりとて、どんな資料があるのかもわからないし、とりあえずはM医師が眺めているPC画面の腫瘍マーカーグラフを印刷してもらえないかとお願いしてみた。
やや、面倒くさそうに、「わかりました~」といって手渡されたのが以下の2種類のグラフ。

《2016.1~2016.10までの偏移グラフ》《2017.1~2017.9までの偏移グラフ》










本当にPC画面のハードコピーだ。
ちゃんとした資料ではない。
でも推移がわかるので、これでも私は良しとした。

診察を終えて、外の待合でじっくり見て、改めてびっくり。
腫瘍マーカー上がっているのは、なんとこの年2017年の8月からではないか!!
まぁ、上がってもすぐに下がるかもと思って黙っていたのかもしれないが、結果論で言えば2か月前から悪くなっていたということ。
そして、前回「上昇の兆しが見えます・・・・」という説明だったが、このグラフの角度を見ると、ちょっとどころではないのがわかる。
正直、私は驚愕した・・・・・・・・。
まぁ、こういうショックを与えないためにも、あえて、M医師は積極的に情報を出さないとう見方もできる。
患者自身があまり数値に神経質になってしまうのも、確かに良くないことというのも理解できる。

ただ、このM医師の振る舞いを、いくら善解釈しようとしても、やはり無理が生じてくる。
それは、この2つのグラフをよく見ると、縦軸の単位が違うのだ。
つまり、上昇傾向を見せるグラフは前のグラフの拡大版だということがわかる。
これも、よく見ないとわからない。
どうしても、視覚的にグラフの角度の方が印象に残る。
こういうことも一切何も説明もしないで、ただ機械的にサッと手渡すだけ。

これは、忙しいから・・・・という理由では済まされない、対応の脆弱さを感じてしまう。
医師としての判断は間違ってはいないのだろうけれど、対人スキルにはかなり問題があるように見受けられる。
これはこういう人だとあきらめるしかないのだろうか・・・・・・・。
にほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ
にほんブログ村

テーマ : 末期がんの闘病記
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

North Wind

Author:North Wind
生年月日:1962年2月21日
性別:男
家族:妻、息子(独立済み)、わんこ(パピヨン2頭)
北海道札幌市在住

2015年12月21日。
年末の慌ただしい中、肝内胆管細胞がん(胆のうがん)、肝臓に10cm大の腫瘍、リンパ節転移、肺転移によりステージⅣと診断されました。
手術、放射線治療は不可とのことで、余命3ヶ月~半年との宣告を受ける。

しかし、2018年現在・・・・・。
抗癌剤治療にて仕事も、なんとか正常に継続し、今のところ生存しています。

追記1:2018.6.29
ここまで順調に癌の進行を抑えていましたが、とうとう腫瘍マーカーの急上昇、肺転移、肝臓中心部にも新たな腫瘍が発見されました。
最後の手段だった内服の抗癌剤の効果なしと判断され、もはや打つ手はなしと宣告されました。


追記2:2019.2.18
色々と手を尽くしてきましたが、いよいよもって『終わりの始まり編』に入ってきたようです。
大変、悔しく、断腸の想いでもありましたが仕事も退職しました。
これから、どんどん衰弱は進むでしょうが、最後の最後までこのブログは続けていこうと思っています。


どこまでできるかわかりませんが、癌と共に生きる、そして働くということ、癌になってわかったこと、学んだこと、そして私の生き様を記録に残していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR