2018年のスタート!!

2018年1月12日(金)のこと。
2018年分として初投稿。
いよいよ、私の投稿も今年分に追い着いてきた。
実はこの年、相も変わらず色々なことが起きてくる。
でも、それはまだ少し先の話。

今回の年末年始はなんとか無事に過ごせた。
昨年は、投稿の記事には上げてなかったが、初詣に行って高熱を出し、3~4日寝込むという事態に。
その間、食欲もなく、一時的だが非常に不安定な状態に陥る。
さらに一昨年は、激しい腹痛により、夜間急病センターに駆け込むという騒動があった。
そういう意味では、色々と不安を抱えたままではあるものの、今年は平穏な年越しが出来たかというところ。

さて、今年初の定期検査。
今回はなんと嬉しいお告げが・・・・・・・。
まずは、腫瘍マーカー。
M医師曰く「今回、かなり下がっているので、どうひいき目にみても、これは抗がん剤が効いていると思ってもいいでしょう」とのこと。
やった・・・・・・。
しかし、それにしても、この独特の言い回し・・・・・・。

私にとっては残された最後の選択でもあったのだが、ここにきてなんとか功を奏しているようである。
またしても、苦境の中から光明を見出した感じ。
M医師も心なしか機嫌もよくて、この日は結構、よくお話になる。

さらに、血糖値調整の自己注射も、状態が良いので、本日から中止するということに。
おぉ・・・・・・・・。
これも、ありがたい。
あれだけガンガン食べているのに、血糖値も正常に戻っていて安定しているとのこと。
自己注射も確かに慣れてくれば、そんなに苦痛なことでもないのだが、面倒といえば面倒で、その作業が一つ減るだけでもうれしいことにはかわりない。
一応、間質性肺炎の件については、これで完全に一区切りついたというところ。

ただ、油断は禁物ということで、手洗いうがいの徹底と、血糖値もまた上がってくるようであれば再開もあり得るので、器具一式は保管しておくようにとのこと。
いやいや、それでもありがたいこと。

私は、ことこの病気に関しては、非常にしぶとい運の持ち主なのかもしれない。
幼少期から青年期にかけて、私はおせじにも良運に恵まれていたとはいえなかった人生でもあったため、その分の貯金がここにきて顔を出しているのであろうか。
なんにしても感謝である。

しかし・・・・・・。
さすがにここにきて、抗がん剤の副作用らしきものが明白になってきた。
顔色がくすむのと、爪が白くなるという色素の変化は前にもお伝えした通り。
でも、最近は爪の一部分に黒みが出てきたのである。
これは、ネット情報で見られる、エスワンタイホウの副作用と言われる症状が、やっと私にも出てきたというところか。
それと、時節柄のこともあろうかと思われるが、手がカサカサになりひび割れも生じてきた。
結構、酷いあかぎれのような症状も見られるため、ビソフテンローション0.3% 50gという塗り薬を処方される。
私は普段、あまり水をいじる方でもないし、こんな症状は今までの生涯で初めてのこと。

<ビーソフテンローション>




















さらにもう一つ、結構これは深刻・・・・・・。
味覚障害が出てきた。
これは、あの強烈な点滴の抗がん剤の時でさえ、出てこなかった症状。
具体的には、和風だし、醤油、味噌といった素材に微妙な嫌な甘みを感じてしまうのだ。
一緒に食べている家内に聞くと、どうやら私だけが感じているよう。
家食・外食問わずに感じる。
そのため、和食全般がおいしくなくなってしまった。
煮物・煮魚類に始まり、私の好きな、そば・ラーメンも同様。

幸いにも、食欲が減退してしまうほどのものではないが、食事の楽しみが奪われてしまうのは残念なところ。
まぁ、今のところ、我慢して食べてはいるのだが。
ただ、不思議と洋食には今のところ影響はない。
このままの状態で済むのか、もっともっと症状が進んでしまうのかはわからない。

年明け早々、少し明るい兆しも見えてきたが、それに代わる代償も、今回の内服抗がん剤は要求してくるようだ。
点滴の抗がん剤よりは、効き目は薄いとも言われているが、私の場合、体への負担はこちらの方があるみたい。
まぁ、少し胸をなでおろしながらということでもあるが、しばらく様子を見ていこうということに。 にほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ
にほんブログ村

テーマ : 末期がんの闘病記
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

North Wind

Author:North Wind
生年月日:1962年2月21日
性別:男
家族:妻、息子(独立済み)、わんこ(パピヨン2頭)
北海道札幌市在住

2015年12月21日。
年末の慌ただしい中、肝内胆管細胞がん(胆のうがん)、肝臓に10cm大の腫瘍、リンパ節転移、肺転移によりステージⅣと診断されました。
手術、放射線治療は不可とのことで、余命3ヶ月~半年との宣告を受ける。

しかし、2018年現在・・・・・。
抗癌剤治療にて仕事も、なんとか正常に継続し、今のところ生存しています。

追記1:2018.6.29
ここまで順調に癌の進行を抑えていましたが、とうとう腫瘍マーカーの急上昇、肺転移、肝臓中心部にも新たな腫瘍が発見されました。
最後の手段だった内服の抗癌剤の効果なしと判断され、もはや打つ手はなしと宣告されました。


追記2:2019.2.18
色々と手を尽くしてきましたが、いよいよもって『終わりの始まり編』に入ってきたようです。
大変、悔しく、断腸の想いでもありましたが仕事も退職しました。
これから、どんどん衰弱は進むでしょうが、最後の最後までこのブログは続けていこうと思っています。


どこまでできるかわかりませんが、癌と共に生きる、そして働くということ、癌になってわかったこと、学んだこと、そして私の生き様を記録に残していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR